ゼンフィーラ Земфира
1998年結成。
ヴォーカルのゼンフィーラ・ラマザーノワは1976年8月バシコルトスタンの首都ウファ生まれ。
5歳の頃より音楽小学校のピアノ科にて音楽の勉強を始める。

兄の影響でロックに目覚め、小学校時代にはすでに「クイーン」を聴いていたという。
7才の時に母親の職場で行われたコンサートで自身で作った初めての曲を披露。

子供の頃、重傷の肝炎にかかり半年ほど学校に行けない時期を過ごした。
この時の肺炎がきっかけで左耳の聴力が衰え始め、数回手術も受けるがついに聴力が回復する事はなく、左耳の聴力は右耳の聴力に比べて30%程度 しか聞こえない。

逆境にもめげず学校では7つもの部活、サークルを掛け持ちし、特に音楽とバスケットボールに力を注いだ。
学業の方もこれに劣らず優秀。
また、バスケットボールにおいては、その才能と人格により1990年に全ロシア女子ユース選抜のキャプテンに選抜される。

同時にギター一本でストリート活動を開始。生まれ故郷のウファだけではなく、サンクト・ペテルブルグの友人を訪ねる度に路上でその歌声を路上で披露 していた。

その後ウファの音楽専門学校へと進み、優秀な成績で卒業。

1996年からウファのラジオ局「ヨーロッパプラス」でオペレータとして働く傍ら、 作詞作曲活動を続けた。
平行して、後にグループのギタリスト(当時はサックス奏者)となるブラードと共に夜にはクラブで弾き語りとして ソウルやブルース、レゲエを歌う日々を送っていた。

1998年にゼムフィーラ自身が路上で集めたメンバーでゼンフィーラを結成。

ウファの市民祭りで開催されたステージにて数千人の観客を魅了。
その当時、グループの中の2名のメンバーは全く音楽をやった経験がなかったため、 ゼンフィーラが1から教えたという逸話もある。

同年の夏に15曲からなるプロモーションカセットを作成し、そのプロモーションカセットが 「ムーミー・トローリ」のイリヤ・ラグチェンコの目に留まる。
彼の手助けにより10月からモスクワのモスフィルムにてメジャーデビューの レコーディングを開始。

「ゼンフィーラ」と名付けられたこの14曲入りアルバムは、1999年の冬にロンドンにて完成した。
ゼンフィーラ
あなたの心の中で生きていく
(2013)

品番:なし
\2,600


*ゼンフィーラの最新盤。

新たな高みに達した感のある今のゼンフィーラが聴ける。

全10曲。

ゼンフィーラ
ベスト
(2011)

品番:3416-1
\2,600


*ゼンフィーラのベスト盤。

ゼンフィーラにたっぷり浸るにはもって来いのアルバム。

全21曲。

ゼンフィーラ
ライヴ2(2011)

品番:124599
\2,600

*ゼンフィーラの2枚目のライヴアルバム。

ゼンフィーラを聴いて元気をもらえる。

全11曲。
ゼンフィーラ
Z-サイド
(2009)

品番:なし
\2,600



*ゼンフィーラの最新盤。

ゼンフィーラは相変わらず元気のいいところを見せてくれている。

どの曲も力が入っていていい。

全23曲。
ゼンフィーラ
スパシーバ・近親復讐
(2009)

品番:RR-377
\2,600


*ゼンフィーラの2009年盤。

前作「スパシーバ(ありがとう)」から12曲、「近親復讐」から5曲、「ライヴ」から3曲がエントリーされている。

全20曲。
ゼンフィーラ
スパシーバ(2007)

品番:MZ-416-2 
\2,600

*ゼンフィーラの2007年の作品。

ゼンフィーラの瑞々しい感覚は今も健在だ。
表題曲「スパシーバ(ありがとう)」は単純な曲だが胸を打つ。

全12曲。

ゼンフィーラ
ライヴ(2006)

品番:RR-342  
\2,600

*ゼンフィーラのライヴ盤なんて、ファンには堪らないお宝盤になること間違いなしだ。

全10曲。

ゼンフィーラ
近親復讐(2005)

品番:RR−301 \2,600

*真っ黒のCDから流れ出るのはガンガンのロック、明暗のある起伏の激しいロック、気だるさを伴うゼンフィーラ・ミュージック。
このアルバムもどのアルバムにも似ていない独特の色と匂いを持っている。巷に数あるバージョン違いのベスト盤ばかり出すグループとは明らかに一線を画している。

全15曲。
ゼンフィーラ
女神(2004)

品番:WWW-254CD \2,600

*気だるい曲の始まり、ヴァイオリンとベース,そしてピアノの奏でる音、劇中劇のような語り、ノイズのようなエレキギターの演奏、どれをとっても独特の雰囲気をもっておりその完成度は高い。待ちに待った2年ぶりの新作!前作を上回るか!?

全13曲。
ゼンフィーラ
静寂の14週間(2002)

品番:RR-153 \2,600

*ビートが利かせた柔らかい音を中心にした鮮やかな仕上がりぶりを見せている。「聴かせどころをちゃんと押さえているなぁ」といった感じ。やはりゼンフィーラはレベルが高い。

全13曲。
ゼンフィーラ
いとしい人よ、私を許して(2000)

品番:RR-36 \2,600

*メンバー入れ替え前の最後のフルアルバム。名曲、「ほしいの?」収録。

全11曲。
ゼンフィーラ
サヨナラ・・・(ミニアルバム)
(2000)

品番:RR-060 \2,600

*1980年代ソ連を席巻したヴィクトル・ツォイ率いるキノーの「カッコウ」をカヴァー。こんなにもカッコウがゼンフィーラになってしまうなんて、やはりゼンフィーラは天才!

全7曲。
DVD

DVD
PALシステム

ゼンフィーラ/
プロスヴィエト、悪評


品番 なし
\7,000


*ゼンフィーラが出演したTV番組「プロスヴィエト」、「悪評」から歌とインタヴュー。

DVD
PALシステム

ゼンフィーラ/
グリーンシアター
(2008)

品番 DL-322  
\8,000


*ゼンフィーラの最新DVD。

全15曲。

DVD
PALシステム

ゼンフィーラ
(2007)

品番 RR-360  
\8,000


*ゼンフィーラの07年のDVD。

全10曲。

DVD
PALシステム

ゼンフィーラ/
ハッピー・バースディ
(2006)

品番 なし  
\8,000


*2006年、05年、06年に収録されたTV番組でのスタジオ・コンサートの模様とインタヴュー。

DVD
PALシステム

ゼンフィーラ/
ライヴ(2005)

品番 なし  
\7,000


*2000年12月モスクワでのライヴの模様。

全16曲。

DVD
PALシステム

ゼンフィーラ/
リガ・モスクワ・ウーファ
(2000)

品番 なし
\7,000


*ゼンフィーラの2000年に行われたリガ、モスクワ、ウーファでのライヴDVD。